男性

鬱は珍しい症状ではない|誰でも発症する可能性のある病気

気分が落ち込む理由とは

医者人

気づきにくい病

鬱病は以前は精神的なものと考えられてきましたが、現在では治療が必要な病気であることが分かっています。現在でも正確な原因は分かっていませんが、脳内の伝達物質の影響により脳の働きに影響が出ることで引き起こされているという見方が主流です。単純に精神的なものではないため医師による適切な治療が鬱病の治療には必要です。患者数も多く、分かっているだけでも90万人以上の鬱病患者がいるとされており、以前ほどめずらしいものではなくむしろ身近な病気になっています。鬱病は自分で自覚できない人も珍しくありません。鬱病の知識がある人は自覚をしやすい傾向にありますが、そうでない人は自分の病気に気づかずに悪化する場合もあります。また、症状は出ているものの普段の生活に影響が出ないタイプの場合は周囲も気づきにくく発覚が遅れがちです。重症化が進んだ人は客観的思考ができなくなるため自覚しにくい傾向にありますが、周囲が気づくことで発覚するケースが多々あります。鬱は痛みや怪我など見た目で分かることがなく曖昧ですが、目安として2週間以上症状が感じられる場合は鬱病を疑う必要があります。その際は症状が重症化しない内に専門の医師による治療をはじめることが回復への近道です。

精神的なものだけではない

鬱病の症状は多々あります。精神的なものでは抑うつ、意欲、思考の低下があげられます。抑うつの症状として気分の落ち込み、憂鬱感、悲壮感などがあり将来や周囲への希望が見出せなくなるといったことがあります。意欲、思考の低下によるものは今まで興味があったものに取り組めなくなる、興味自体がなくなる、物事やコミュニケーションに楽しさを感じない、集中力の低下、注意力散漫などの症状があります。体に出る症状は倦怠感の持続、動悸、睡眠障害、食欲の低下、消化器官の異常、発汗、頭痛、息苦しさ、などがあります。特に日頃から緊張しやすいタイプの人などは発汗や便秘などの症状があらわれても普通のことだととらえ自覚しにくくあり、無自覚であるのに運良く病院に初診へ行ったとしても精神科でなく内科という方もいます。また一概にこれらの症状のみということではなく全く逆の症状がでる人もおり、単純に逆の症状だから鬱ではない、とは言えないのが実情です。これらの症状がる人は、これくらいは普通だ、とは思わずに少しでも自分が辛い、と感じた場合は我慢せずに専門の医師へ相談に行くことで悪化することが防げます。日頃から自分の心の声に耳を傾けるくせをつけておくことが大切です。

Copyright© 2016 鬱は珍しい症状ではない|誰でも発症する可能性のある病気 All Rights Reserved.