男性

鬱は珍しい症状ではない|誰でも発症する可能性のある病気

現代人に増えている心の病

考える女性

精神的と身体的な影響

人間は誰でも落ち込んだり元気がなくなったりすることがあります。最近増えている鬱病と似たような症状の場合もあります。もし自分でも鬱病かもしれないと思った時は、1人で悩まないで専門医の診察を受けることが大事です。インターネット上には自分で判断できるチェックシートを公開しているサイトがありますから、それを利用して自分で診断してみることも必要です。あくまでも参考程度のことしかわかりませんが、それでもチェック項目が該当する場合は、医師の診察を受ける必要があります。チェック結果を印刷して医師に見せると、診察もスムーズに進みます。鬱病には典型的な症状がありますから、それを知っておくことも判断の基準になります。精神的な症状としては、マイナス感情があります。思い当たる原因がないのに異常に不安になったり、悲しくなったりします。重要なのは原因がないという点です。またやる気が起こらないとか、自殺や自傷行為に走ることもあります。一般的には朝の症状が悪く、夕方になると楽になるのも典型的な症状です。また症状は心だけでなく身体にも現れます。例えば眠れないとか身体のどこかが常に痛いなどの症状があります。食欲がなくなり、胃腸や目や耳の調子が悪くなることもあります。このような症状がある時は専門医の診察を受けるべきです。

周囲の理解と適切な対応

鬱の症状が出る場合は適切に対処することが大事です。良く言われるのが「頑張ろう」などの言葉です。鬱の人はそのような言葉をかけられると、頑張れない自分に嫌気がさしてしまうのです。対処の仕方にも工夫が必要で、現状でいいのだという包み込むような優しさが必要です。患者自身も治ろうという意思を持つと、余計に症状が悪化してしまうことがあります。鬱の症状を克服するには、治りたいという自分作りから始めることです。それも性急に行うのではなく、簡単なことから実現していく工夫が必要です。例えば健康食品やサプリなどを買って飲むだけでもいいのです。その場合にアミノ酸やビタミンやミネラルなどの鬱に効果があるとされている製品を選びます。また鬱の症状は朝起きた時がひどくなるので、そのような時は窓を開けて太陽の光を取り込むだけでも気分を変えることができます。明るくすると気分が落ち込む場合は、どの程度の明るさまでなら大丈夫かを工夫しながら、外光を取り入れます。これを習慣化していけば、朝の爽快な気分を少しずつ取り戻すことができます。上手な休養をとることも大事です。それは不快な状況を避けるということです。嫌いな人に会ったりせず、嫌いな作業をしないことで脳を休ませることです。

Copyright© 2016 鬱は珍しい症状ではない|誰でも発症する可能性のある病気 All Rights Reserved.